まつげ美容液でなぜまつげが伸びるの?

美容成分が成長を促進

美容

「美容液でまつげが伸びる」と聞いても不思議に思われるかもしれませんが、まつげも髪の毛も皮膚の一種と考えると分かりやすいと思います。

 

 

比喩ではなく、まつげも皮膚も「ケラチン」という同じタンパク質でできているからです。顔用美容液で肌が元気になるように、専用の美容成分を補給することで、まつげの成長促進に繋がっているのです。

 

 

育毛環境を整えることが大事

木漏れ日

まつげ美容液には、当然メーカーによっても成分は異なりますが、育毛効果のある女性ホルモンや、たん白質の元となるアミノ酸、コラーゲン等、ハリやコシをアップさせるための保湿成分などが配合されているものが多いです。

 

 

特に傷んだまつげの内部はスカスカになっており、維持するだけでも精一杯な状態です。まつげが伸びるには、美容成分を補充して育毛環境を整えることが必要なのです。

 

 

美容成分と効果・効能例(エマーキット)


加水分解ムコ多糖
ヒアルロン酸
カプリリルグリコール
ヘキサペプチド-2
パルミトイルペンタペプチド-4
乳酸Na
PCA-Na
ソルビトール
プロリン
リン酸Na
ビオチン
チャ葉エキス
塩化Na
パパイア果実エキス
ブドウ種子エキス

シルクアミノ酸
フェノキシエタノール
ホクベイフウロソウエキス
カンゾウ根エキス
パンテノール
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
ポリソルベート-20
TEA

加水分解ムコ多糖 ダメージを受けたまつ毛や眉毛にハリを与えます。
ヒアルロン酸 保湿性や浸透性に優れており、皮膚を滑らかにします。
ヘキサペプチド-2 メラニン形成阻害作用があります。
パルミトイルペンタペプチド-4/PCA-Na 皮膚やまつ毛に保湿・柔軟効果があります。
プロリン 角質層の保湿力を維持し、お肌を整えます。
ビオチン 毛細血管に働きかけ、成長促進作用があります。
チャ葉エキス 美白効果や酸化防止作用があります。
パパイア果実エキス 角質を分解し、皮膚を滑らかにします。
ブドウ種子エキス 皮膚のダメージを保護する。抗酸化作用で血管や皮膚を滑らかにします。
シルクアミノ酸 皮膚への刺激と皮膚炎を予防します。
ホクベイフウロソウエキス 皮膚への刺激と皮膚炎を予防します。
カンゾウ根エキス 美白効果、抗炎症作用、収瞼作用で肌を整えます。
パンテノール 新陳代謝を活発にし、育毛効果や脱毛防止効果があります。

 

関連ページ

まつげ美容液とは?
まつげ美容液に関する基本的な説明です。
まつげ美容液はどうやって使うの?
まつげ美容液の使い方に関する基本的な説明です。
まつげ美容液は効果はいつから実感できるの?
まつげ美容液は効果はいつから実感できるのかについて説明します。
まつげ美容液の選び方のポイントは?
まつげ美容液はいろいろな商品が発売されているため、正しい選択ができるように選び方のポイントをお伝えします。